イヌリン|研究対象の食物繊維素材

  • HOME
  • イヌリン|研究対象の食物繊維素材

イヌリンはチコリの根に含まれる天然の水溶性食物繊維で、約5000年前から食べられてきました。現在では飲料や食品などの加工品に使われており、世界市場の1/3を占める最もポピュラーな水溶性食物繊維です。イヌリンは善玉菌のエサになることで短鎖脂肪酸を産生し、ビフィズス菌を増やします。また、様々な研究で血糖値上昇抑制や血中中性脂肪の低減などの効果も示されています。

世界で拡大し続ける水溶性食物繊維市場 その1/3を占めるのが「イヌリン」

水溶性食物繊維の健康における重要性が広く知られるようになり、世界での市場規模はここ数年にわたって年平均10%以上のペースで拡大中です。2018年には約2,000億円の規模になっており、今後もさらなる成長が期待されています。市場規模を地域別にみると、第1位は半分近くを占めるヨーロッパで、北米、アジアパシフィックと続きます。
水溶性食物繊維市場のおよそ1/3にあたる約600億円を占めているのが、フルクタンの一種である「イヌリン」です。日本で最も一般的な水溶性食物繊維は難消化性デキストリンですが、世界的にみると難消化性デキストリンが占める割合は約8%で、イヌリンが最もメジャーな水溶性食物繊維といえます(注釈1,2)

注釈1:Meticulous Market Research Pvt. Ltd. 発行 ”Soluble Dietary Fibers Market- Global Opportunity Analysis And Industry (2018-2023)
注釈2:㈱富士経済 「生物由来有用成分・素材市場徹底調査2019年」

世界の水溶性食物繊維市場動向

イヌリンは5000年前から食べられているチコリ由来の水溶性食物繊維

水溶性食物繊維のイヌリンは、さまざまな食物に含まれており、古くから全世界で食べられてきました。ごぼうやタマネギ、にんにくといった日本人に馴染み深い野菜にもイヌリンが存在していますが、とりわけ含有量が高いのはチコリや菊芋です。
チコリとヒトの関係は深く、約5000年も前に生きた古代エジプト人、古代ローマ人がすでにチコリの根を食していたと言われています。また、フランスをはじめとするヨーロッパでは、18世紀頃から現在に至るまで、チコリの根からつくったノンカフェインコーヒーが親しまれています。最近日本でも水耕栽培のチコリの葉をサラダに利用するようになりましたが、古代から食べてきたのは畑で生産されるチコリの根。大根のように白く大きな根に、イヌリンが豊富に含まれています。食としての長い歴史があるチコリのイヌリンは、海外では乳幼児用のミルクにも広く使われるほどに安全性が認められています。

生の野菜・穀物・果物中のイヌリン含油量

イヌリンの特徴 ①善玉菌のエサとなり短鎖脂肪酸を産生する力=“発酵力”が高い

イヌリンは、善玉菌のエサになる代表的な水溶性食物繊維の1つであり、善玉菌のエサとなることで短鎖脂肪酸を産生する“発酵力”が高いことがわかっています。特に、善玉菌の代表・ビフィズス菌はイヌリンを好んで食べることがわかっており、短鎖脂肪酸の酪酸をつくり出します。
腸内フローラをモデル化した系によるin vitro試験で、チコリ由来のイヌリン、セルロース、難消化性デキストリンの食物繊維3種を評価したところ、チコリイヌリンが他の食物繊維と比較して、ビフィズス菌を有意に増やすことが明らかになりました。その効果はセルロースの177倍、難消化性デキストリンの55.3倍でした。また、総短鎖脂肪酸の産生量についても、チコリイヌリンはセルロースの2.8倍、難消化性デキストリンの2倍でした※C-1。 また、チコリイヌリンは他の由来のイヌリンと比較して、短鎖脂肪酸であるプロピオン酸、酪酸をより多く産生させることもわかっています※C-2。 その他にも、様々なヒト試験の結果でイヌリンのビフィズス菌増加、短鎖脂肪酸産生量増加に関する論文が報告されています※C-3, ※C-4

イヌリンと他の食物繊維のビフィズス菌、総短鎖脂肪酸の産生量比較
腸内細菌モデル評価

②豊富なエビデンスに裏付けられた多様な健康機能

チコリをはじめとする多くの食物を通して摂取されてきた水溶性食物繊維のイヌリン。前述の通り、イヌリンはビフィズス菌を増やしたり、短鎖脂肪酸の産生量を増やしたりすることにより整腸効果があることがわかっています。さらに、血糖値上昇抑制、血中中性脂肪の低下、ミネラルの吸収促進、免疫の向上など、イヌリンは全身の健康にさまざまな形で寄与しています※C-5~11。イヌリンの多様な健康機能は世界中で研究されており、その有効性はエビデンスによって裏付けられた確かなものです。

論文で報告されているイヌリンのヘルス機能性

<関連論文>

※C-1) 日本農芸化学会北海道・東北合同支部会発表資料
※C-2) Nakayama Y, Kawasaki N, Tamiya T, Anzai S, Toyohara K, Nishiyama A & Kitazono E. Comparison of the prebiotic properties of native chicory and synthetic inulins using swine fecal cultures. Biosci Biotechnol Biochem 2020; 1749553.
※C-3) Ten Bruggencate SJ, Bovee-Oudenhoven IM, Lettink-Wissink ML, Katan MB, van der Meer R. Dietary fructooligosaccharides affect intestinal barrier function in healthy men. J Nutr 2006; 136: 70-4.
※C-4) Kolida S, Meyer D, Gibson GR. A double-blind placebo-controlled study to establish the bifidogenic dose of inulin in healthy humans. Eur J Clin Nutr 2007; 61: 1189-95.
※C-5) Den Hond E, Geypens B, Ghoos Y. Effect of high performance chicory inulin on constipation. Nutrition Research 2000; 20: 731-6.
※C-6) 小枝貴弘,原健二郎,和田正,森田達也,新井映子. イヌリン添加米粉食パンの排便習慣改善効果. 薬理と治療 2015; 43: 1731-1737.
※C-7) Pourghassem Gargari B, Dehghan P, Aliasgharzadeh A, Asghari Jafar-Abadi M. Effects of high performance inulin supplementation on glycemic control and antioxidant status in women with type 2 diabetes. Diabetes Metab J 2013; 37: 140-8.
※C-8) Dehghan P, Pourghassem Gargari B, Asghari Jafar-abadi M. Oligofructose-enriched inulin improves some inflammatory markers and metabolic endotoxemia in women with type 2 diabetes mellitus: a randomized controlled clinical trial. Nutrition 2014; 30: 418-23.
※C-9) Coudray C, Bellanger J, Castiglia-Delavaud C, Rémésy C, Vermorel M, Rayssignuier Y. Effect of soluble or partly soluble dietary fibres supplementation on absorption and balance of calcium, magnesium, iron and zinc in healthy young men. Eur J Clin Nutr 1997; 51: 375-80.
※C-10) Trompette A, Gollwitzer ES, Pattaroni C, Lopez-Mejia IC, Riva E, Pernot J, et al. Dietary Fiber Confers Protection against Flu by Shaping Ly6c(-) Patrolling Monocyte Hematopoiesis and CD8(+) T Cell Metabolism. Immunity 2018; 48: 992-1005.
※C-11) Kim SH, Lee DH, Meyer D. Supplementation of baby formula with native inulin has a prebiotic effect in formula-fed babies. Asia Pac J Clin Nutr 2007; 16: 172-7.