短鎖脂肪酸と食物繊維

  • HOME
  • 短鎖脂肪酸と食物繊維

エサとなる食物繊維を取り入れ善玉菌を育てる「プレ・バイオティクス」

食物繊維を日常的に摂ることによって、腸内にすでに定着している善玉菌を活発に働かせる「プレ・バイオティクス」という考え方が近年注目されています。 プレバイオティクスは自分に合ったものを探す必要もなく自分の腸内にいる善玉菌を育てるので、とても効率的です。 善玉菌が食物繊維を食べて発酵すると、善玉菌が増加し短鎖脂肪酸がたくさん産生されます。たくさん産生された短鎖脂肪酸は、こちらで紹介したように全身の健康に良い影響をもたらすのです。

エサとなる食物繊維を取り入れ善玉菌を育てる「プレ・バイオティクス」

外から善玉菌を補う「プロ・バイオティクス」

ヨーグルトなどの発酵食品により、外部から善玉菌を腸内に取り入れる方法は昔から食生活の中で行われています。 このように腸内フローラのバランスを改善するために、宿主である人に有益な作用をもたらす微生物を摂取することを「プロ・バイオティクス」と言います。 プロ・バイオティクスでは一度に何億個もの善玉菌を取り込むことができ、取り込まれた善玉菌の一部は腸内環境を改善してくれます。しかし、自分に合ったプロバイオティクスを選ぶ必要があったり、 自分の腸内フローラとして定着させるのが難しかったりという側面もあります。 プロ・バイオティクスとプレ・バイオティクスを両方行うことで、外部から善玉菌を取り込みながら、同時に常在する善玉菌を活性化できるため、より効率良く腸内環境を整えられます。 両方を取り入れることを「シン・バイオティクス」と言います。 ※A-21

外から善玉菌を補う「プロ・バイオティクス」

大腸劣化は防げる!「短鎖脂肪酸」を増やすなら水溶性食物繊維

大腸劣化を予防・改善するためのカギを握るのが「短鎖脂肪酸」です。短鎖脂肪酸を増やすためには、食物繊維を摂取して善玉菌に短鎖脂肪酸を作り出してもらうことが必要です。 食物繊維は大きく分けると水溶性食物繊維と不溶性食物繊維に分けられますが、善玉菌がエサにするのはβ-グルカン、フルクタン(イヌリンを含む)などの水溶性食物繊維です。 そのほかにも水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の特性を合わせ持つレジスタントスターチなども善玉菌のエサとなります。 善玉菌がエサとするような食物繊維は普段の食事でも意識して摂らないと十分な量を摂取するのが難しいと言われています。 食べ物の中でこれらを多く含むのは、大麦や海藻類などでキャベツやレタスなどの葉物野菜などにはあまり含まれていません。 善玉菌がエサとする食物繊維を積極的に摂取することが、短鎖脂肪酸を増やし、大腸劣化を予防・改善します。

大腸劣化は防げる!水溶性食物繊維で「短鎖脂肪酸」を増やす

<関連論文>

※A-21) Markowiak P, Śliżewska K. Effects of probiotics, prebiotics, and synbiotics on human health. Nutrients 2017; 9: 1021.