構成メンバー

  • HOME
  • 構成メンバー
  • 座長:松井 輝明(帝京平成大学 健康メディカル学部 健康栄養学科教授)

    日本大学医学部卒業。医学博士。1999年 日本大学板橋病院消化器外来医長就任。2000年 日本大学医学部講師、2012年 准教授。2013年 帝京平成大学健康メディカル学部健康学科教授就任、現在に至る。
    2001年 厚生労働省薬事食品衛生審議会専門委員、2003年 内閣府食品安全委員会専門委員、1998年 日本消化器病学会評議員、日本実験潰瘍学会評議員、2000年 日本高齢消化器病学会理事、2015年 日本消化吸収学会理事。
    消化器一般、機能性食品の臨床応用を専門に研究。

  • 委員:青江 誠一郎(農学博士、大妻女子大学家政学部学部長、教授)

    千葉大学大学院園芸学研究科農芸化学専攻・修士課程修了。1984年 雪印乳業株式会社入社、1989年 千葉大学大学院自然科学研究科博士課程修了(社会人入学)、 農学博士を取得、2003年 大妻女子大学家政学部助教授、2007年より同大学家政学部教授。2016年より同大学家政学部学部長。
    研究分野:食生活学、食品科学、分子生物学
    2007年 日本栄養改善学会・学会賞受賞、2008年 日本酪農科学会・学会賞受賞、2010年 日本食物繊維学会・学会賞受賞。

  • 委員:瓜田 純久(医学博士、東邦大学医療センター大森病院 病院長)

    1985年、東邦大学医学部卒業。
    関東労災病院消化器科勤務、地元・青森県に瓜田医院開業、
    東邦大学医療センター大森病院院長補佐などを経て、現職
    専攻は内科学、総合診療医学、機能性消化器疾患、内視鏡医学、超音波医学、栄養代謝など

  • 委員:上野川 修一(農学博士、東京大学名誉教授)

    東京大学農学部農芸化学科卒業。東京大学助手、助教授を経て2003年まで東京大学大学院農学生命科学研究科教授。その後2012年まで日本大学生物資源科学部教授。食品アレルギーおよび腸管免疫のしくみ、食品や腸内細菌のからだへの影響などの研究を行った。これまで、日本農芸化学会会長、日本ビフィズス菌センター(腸内細菌学会)理事長、内閣府食品安全委員会専門委員会座長などを歴任。現在、日本食品免疫学会会長、研究業績に対して瑞宝中綬章、紫綬褒章、国際酪農連盟賞、日本農芸化学会賞等を受賞。
    著書として「腸のふしぎ」講談社、「免疫と腸内細菌」平凡社など。

  • 委員:平田 雅子(医学博士 私のクリニック目白院長)

    1988年、日本大学医学部卒。医学博士、皮膚科認定専門医。
    東京医科大学、同大学八王子医療センター皮膚科学教室を経て、2003年10月に『私のクリニック目白』を開業。院長として診療にあたる。
    民間としては日本で初めて、複数の女性専門外来を有するクリニックとなる。女性専門医療の第一線で活躍中。

  • 委員:穂苅 量太(医学博士、防衛医科大学校 医学教育部医学科 内科学 教授)

    1991年 慶應義塾大学医学部研修医(内科)、1995年 慶応義塾大学医学部助手(専修医)(内科学)、1998年 防衛医科大学校内科学第二講座助手、2000年 同指定講師、2001年 米国カルフォルニア大学サンフランシスコ校留学、2005年 同講師、2013年 同教授 現在に至る。
    2002年 日本内科学会認定医、2005年 日本消化器病学会専門医、日本内科学会専門医
    2006年 日本消化器内視鏡学会専門医、2008年 日本肝臓学会専門医、2011年 日本消化器内視鏡学会指導医、2013年 日本消化器免疫学会評議員、日本リンパ学会理事、20014年 日本臨床中医薬学学会理事、日本消化吸収学会理事、2016年 日本消化器病学会財団評議員、日本微小循環学会理事、日本消化器内視鏡学会社団評議員、2017年 日本高齢消化器病学会理事、日本小腸学会理事、2020年 日本潰瘍学会理事

  • 委員:森田 英利(学術博士 岡山大学大学院 環境生命科学研究科教授)

    岡山大学大学院自然科学研究科博士課程修了。1991年 米国ミネソタ州立大学ポスドク。1992年 麻布大学獣医学部に助手、2010年 同大学の教授を経て、2015年から現職。
    腸内細菌学会広報委員、日本乳酸菌学会評議員。任期を終えたものに、内閣府消費者委員会新開発食品調査部会新開発食品評価第二調査会委員、日本畜産学会常務理事、日本乳酸菌学会理事、日本NO学会評議員。
    腸内細菌・腸内フローラ(腸内細菌叢)・プロバイオティクスに関する研究での共著論文のjournalの掲載歴に、Nature、Cell、Science、Nature Medicine、Nature Biotechnology、Cell Host & Microbeなどがある。